作業効率を上げる為の方法を紹介します!



メニュー
可視化が大切!
ショートカットキーで効率UP
眠気を防止する方法
チームワークに必要な「ホウレンソウ」
個人の作業効率を上げるポイント

眠気を防止する方法



お昼ご飯を食べた後や前日夜更かしをしてしまった日は
どうしても眠くなってしまいます・・・

眠くなると、簡単な作業もなかなかはかどらないので
出来るならば阻止したいですよね。。

そこで眠気防止法をご紹介します。


◎親指と人差し指の付け根の間を押す

これは管理人が中学生の頃に担任から聞いた方法なんですが、
未だこれを超える眠気防止法は見つかりません。
一瞬で出来るほど簡単です。でも、結構効いている気がします。

後から調べてみると、これは合谷(ごうこく)というツボだったようです。

◎中指の爪を押す

これも眠気を防止するためのツボで、中衝(ちゅうしょう)と言います。

管理人の一押しは先ほど紹介した合谷ですが、友人は中衝の方が効くと言っていました。
相性があるのかもしれないですね。


学生の間は堂々と居眠りをしていても
注意をされることは少なかったと思います。

しかし、社会人となるとそうはいきません・・・

最近就職難と言われているのにも関わらず、
卒業後3年以内に離職してしまう学生が多いそうですね。

学生時代より忙しくなり、
サービス残業などで十分な睡眠も取れないことに耐えられないのでしょうか。

管理人の周りにも3年以内で離職してしまう人が結構いました。

原因を聞くと、
家に帰るのは深夜なのに、次の日また早く出勤しなければいけない。
そんな生活を続けていたら体調を崩してしまった。
とのことでした。

就職出来ない学生も多い中、就職出来たにも関わらず離職してしまうなんて
それほどしんどいものなんでしょうか。

会社側にブラックが多いのか学生側に忍耐力がないのか・・・
真実は分かりません。

このページにも新卒の学生の離職に関することが書いてありました。

苦労して入社したにも関わらず、
すぐに辞めてしまうことのないようになれば良いんですけどね。

企業側も大金を出して採用活動をしている訳ですし、
どうにかして企業と学生のミスマッチを減らしたいものです。
難しいことなんでしょうか・・・

トップページに戻る

Copyright (c) 2012 All Rights 作業効率UP講座